Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean

石橋記念公園のプロフィール


石橋の末長い保存活用のために

鹿児島市の中心を流れる 甲突川 には、かつて上流から 玉江橋、新上橋、西田橋、高麗橋、武之橋 の5つの大きなアーチ石橋が架かり、「甲突川の五石橋」として県民に親しまれてきました。
この五石橋は、江戸時代末期に城下整備の一環として架けられたもので、薩摩藩の財政改革の成功と肥後(熊本県)から招かれた名石工”岩永三五郎”によって架 橋が実現した歴史的所産です。
また、主に中国から伝わった架橋技術が石垣伝統技術とも融合して独自の発展を遂げた、我が国を代表する石橋群で、創建以来 150年余の間、現役の橋として利用されてきました。

しかしながら、平成5年(1993)8月6日、市街地の約1万2千戸が浸水するなど大災害をもたらした集中豪雨による洪水で、五石橋のうち武之橋と新上 橋が流失してしまいました。
そこで残った3橋は、貴重な文化遺産として後世まで確実に残すため、河川改修に合わせて移設して保存することになりました。

移設復元工事は、文化財や土木工学等の専門家の指導、助言を得ながら、県が西田橋を、鹿児島市が高麗橋と玉江橋を行い、あわせて五石橋の歴史や技術等を伝える石橋記念館を整備して平成12年に石橋記念公園として開園しました。

今後、この公園が鹿児島の歴史を知る場の一つとして広く県民に親しまれ、石橋の末長い保存活用に役立つことを願っています。