新着情報

広島県総合グランドは、昭和16年(1941年)の開場以来、身近なスポーツ施設として、また健康増進やスポーツ振興の場として広く利用されています。
平成20年度よりコカ・コーラウエストホールディングス株式会社(平成30年1月1日コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社に商号変更)がスポンサーとして決定し、「コカ・コーラウエスト広島総合グランド」として親しまれてきましたが、スポンサーの組織再編に伴い、平成30年4月1日から、広島県総合グランドの愛称は「コカ・コーラボトラーズジャパン広島総合グランド」となりました。

「コカ・コーラボトラーズジャパン広島スタジアム」は、第2種公認陸上競技場の天然芝フィールドです。
「補助競技場」は、第4種公認陸上競技場となっています。
「コカ・コーラボトラーズジャパン広島総合グランド野球場」は、高校野球や社会人野球、ソフトボール大会などが利用できます。
「コカ・コーラボトラーズジャパン広島総合グランドラグビー場」は、以前、国体の会場にもなり天然芝でのプレーが可能です。
「運動場」は、各種様々なスポーツがご利用できます。

また、同敷地内に宿泊研修施設の「広島県スポーツ会館」もあり、合宿などのご利用も可能となっています。学校のクラブ活動や職場での活動、個人練習などなど、子どもから大人までどなたでもご利用いただけます。

施設配置図